抗生物質の通販購入方法

抗生物質の通販購入方法

感染症の治療のために、抗生物質が使われる例があります。体にとって良くない微生物が増殖した結果、健康を守る微生物を攻撃する、減少させるのを抑えるために投与します。

自宅で服用できる抗生物質を病院で処方してもらう例が多いものの、通販で購入する方法も用意されています。

しかし、一般の店舗では購入できません。有名なアマゾンや楽天、ヤフーショッピングなどの大手サイトや、ドラッグストアのオンラインショップなどに訪れても、売られていません。

理由として、処方の必要な医療用医薬品は一般の店舗で販売を許可されていないからです。販売してしまうと、法律違反になります。

法律違反にならないルートで購入する方法として、個人輸入代行サイトの利用があります。一般の店舗とは違い、これらの店舗は自社で医療用医薬品を仕入れて販売をしていません。

単純に海外の業者と日本国内の消費者の仲介を行うような存在ですので、営業しても法律違反にはならず、通販感覚で簡単に医療用医薬品を入手できるのがメリットです。

個人輸入代行サイトによって取り扱っている抗生物質の種類が違いますが、代表的なものを見ていくと、淋病やクラミジア治療ができるジスロマックやクラビットのジェネリック医薬品、梅毒や淋病向けのアモキシルのジェネリック医薬品があります。

その他感染症の治療薬として、オーグメンチンやシプロのジェネリック医薬品も揃っています。とても種類が豊富で、特にジェネリック医薬品の価格の安さが魅力的です。

ジェネリック医薬品は国内の製薬会社でも作られていますが、それよりもインドの製薬会社で作られたジェネリック医薬品のほうが価格が圧倒的に安く、薬代を大幅にカットできるメリットがあります。

使われている成分は同じですので、ほぼ似たような効果を発揮してくれます。インドの製薬会社と聞くと安全性に不安があるところですが、実際には世界中の医療機関と関係を持っているような有名な製薬会社が作ったものですから、高い信頼を寄せられています。

購入したい抗生物質を見つけたら、個数を指定してカートに入れ、会計に進むだけです。クレジットカード決済や、銀行振込などの種類が用意されています。

注文を完了すると海外から薬が発送されますが、自宅に届けてくれるのは国内の一般的な宅配業者です。普段の宅配便のように受け取れる気軽さがあります。

個人輸入代行業者の中には怪しい業者もいますので、評判の確かなところを利用するのがコツです。